8月21日「5086レ」米神カーブ

東海道本線 根府川~早川にて

小田急線への甲種輸送が実施されたこの日、深夜の新松田駅に在線するEF65の姿はとても新鮮に見えた。
そのまま横浜の実家へ下道で帰ろうかと考えたが、GPVを見ると明け方の西湘地域は快晴の予報。
途中コンビニなどに立ち寄りつつ、未明の米神地区へやってきた。
定番のカーブに到着すると、頭上にはオリオン座が煌々と輝いていた。
少しの仮眠の後目覚めると、相模湾越しに東の空が明るくなってきた。
同じく早朝から構える同業者の方曰く、今日の5086レは「カラシ」こと2127号機らしい。
「カラシ」とは個人的に相性が良いのか、特に調べなくてもよくやって来る。
早朝の素晴らしい光線を浴びて、米神のカーブをゆく姿を捉えることが出来た。
(EOS 5D Mark IV + EF300mm f/2.8L IS II USM)


4月25日「5087レ」東峰踏切

東海道本線 金谷~菊川にて

勤務の都合から、珍しく5連休となった4月下旬。
緊急事態宣言が発令され、横浜の実家に帰るわけにもいかず県内で大人しく過ごすことにした。
テレビすら無い寮室に引き篭もっていても気が狂いそうになるので、人混みを避けつつ近場へ出掛けることにした。

静岡に引っ越してから通うようになった東峰踏切、朝方の貨物列車を順光でお手軽に撮影できる。
先に通過する3071レは定番の横構図で撮影、8時頃通過する5087レは茶畑を手前に配して縦構図で構えてみた。
塗り替えが進み国鉄色との遭遇率が上がったEF65、新茶芽吹く静岡らしい一枚を収めることが出来た。
(EOS 5D Mark IV + EF70-200mm f/2.8L IS II USM)

2月13日「2092レ」浜川崎

東海道貨物線 川崎新町~浜川崎にて

高校生の頃、自宅から近かったのでよく通った渡田踏切。
何も調べずに現地へ行っても様々な機関車を撮影することができる、飽きない場所だった。
特に11時頃やって来る2092レは当時、高崎機関区のEF65を順光で撮影できる魅力的なスジだった。

この日は大型のパンタグラフが特徴的なEF65-1054、切り抜きのブロックナンバーがカッコイイ。
小田栄新駅が開業してから未訪の川崎界隈、またカメラ片手に訪れたい。
(EOS 30D + EF70-200mm F2.8L USM)

弥勒寺踏切跡「784M」113系

東海道本線 藤沢~大船にて

写真を撮り始めた頃によく通った撮影地・弥勒寺踏切跡。
始発電車で最寄り駅を出発し、藤沢駅から歩いて到着する頃に寝台特急「出雲」が通過していくダイヤだったと思う。
冬場は吹き付ける風が冷たく、一緒に撮っていた同業者の方にHOT缶を奢ってもらったこともあった。

E231系が登場すると、既存の113系は急速に数を減らしていった。
メインの寝台特急だけでなく、前後を走る普通列車たちもまた名優だったと思う。
MDプレイヤーを聴きながら写した懐かしの一枚。

当時のマイブームはポータブルMDプレイヤーだったが、もはやMD自体が時代を感じる品になっている。
この写真も既に15年以上前のもの、そろそろE231系も置き換えがあるのだろうか?
(New EOS Kiss + EF55-200mm F4.5-5.6 II USM)

3757M「快速アクティー」113系15連

東海道本線 新子安駅にて

三脚を据えて本格的に写真を撮り始めたのは中学生になってから、当時実家にあったNew EOS Kissという一眼レフにネガフィルムを詰めて撮影に出掛けていた。
最初は晴天日中にも関わらずISO800のフィルムを使ってしまうなど、写真のイロハも知らなかった。
山崎友也カメラマンの鉄道写真教室やTeam BONNETSの撮影地ガイドなどを参考に、素人なりに勉強していった記憶がある。

新子安駅のホームは、中学生の頃よく通った撮影地だった。
実家からも近く、113系の15両編成が堂々と駆け抜ける姿は身近で魅力的な被写体だった。
記憶が正しければ、3757Mは最後まで113系で残った快速アクティーの運用だったと思う。
通り過ぎてもなお響き渡るMT54のモーター音、今でも強烈な印象が残っている。
(New EOS Kiss + EF55-200mm F4.5-5.6 II USM)

9月9日「木曽あずさ号」

中央本線 日出塩~贄川にて

晴れ予報が出た9月初旬の休日、後輩と共に未明の中央道を下った。
早朝は大糸線内でムーンライト信州の回送を仕留め、追っ掛けて篠ノ井線内でも無事撮影した。
この日は南木曽まで183系が乗り入れる臨時列車が設定されており、JR東海管内をゆく姿を撮影すべく中央西線へ転戦した。
9月に入り暑さも一段落したので、この日はクリアな視界が広がっていた。
国道19号から旧道へ分け入った撮影地で三脚を据える。
中央西線は上り列車に対して撮影地が点在するためか、この場所は5人程で平和に撮影することが出来た。
トンネルを抜ける列車が見え、切り位置でレリーズオン。
グレードアップあずさ色・M52編成のモーター音が、緑深い木曽路にこだました。
(EOS 5D Mark II + EF300mm f/2.8L IS II USM)

4月9日「5087レ」

東海道本線 金谷~菊川にて

前日夜に見たGPVが晴れそうだったので、早起きしてカナキクへ向かった。
改正後は3071レが桃太郎に変更となったため、午前中下りにPFが牽引する列車は5087レが唯一の存在となった。
定番の東峰踏切ではなく、この日は牧の原トンネルを抜けた先のストレートに三脚を据える。
この地点、置きピンの位置をミスったり薄雲に阻まれたりと連敗を喫している。
50mm単焦点レンズで覗くと、シャッターチャンスは一瞬なので気が抜けない。
旅客列車は牧之原トンネルを105km/hでかっ飛んでくるが、貨物列車はこの先に控えるR400のカーブに備えて減速しているので比較的撮りやすい。
やって来る普通列車で画角の調整、青空が綺麗だったので広めに見上げる構図を組む。
8時少し前、カーブの先から2灯のライトがゆっくりと近付いてきた。
すっかり新緑の装いとなった沿線を、スノープラウ無しの2092号機が軽快に駆け抜けた。
(EOS 5D Mark IV + EF50mm F1.4 USM)

3月26日「206列車」川根小山の一本桜

井川線 川根小山駅にて

3月下旬の休日、桜の開花と好天が重なるとなれば撮影に出掛けざるを得ない。
早朝はカナキクで5087レを狙うも、薄雲が噛み微妙な結果に。
本命の大井川沿線へ転戦、午前中は大和田付近で桜並木をバックにカットを稼ぐ。
ここで出会った方は百戦錬磨の大ベテラン、話題豊富で非常に楽しいお話を伺うことが出来た。
昼過ぎは閑蔵で204列車を仕留め、家山界隈に戻りヘッドマーク付きのEL急行を狙う。
家山発車を狙うポイントで待ち構えるも、EL急行は前灯不点で消化不良。
こうなると夕方の206列車は納得行くカットを抑えたい。
4日前に訪問した川根小山駅、ここでは見事な一本桜が人知れず咲き誇っていた。
16時過ぎにやって来る206列車、1年前の同日にも当地を訪れている。
前面に日が当たるのはほんの一瞬、低速の井川線であるがシャッターチャンスはかなりシビア。
線路に山影が迫り、通過時刻が近付いてくる。
遠くに井川線独特の車輪が軋む音が聞こえてくると、構内踏切が鳴り始めた。
妖艶な夕日に照らされて、山間の無人駅で「さくら」が浮かび上がった。
(EOS 5D Mark IV + EF70-200mm f/2.8L IS II USM)

3月22日「14列車」中徳橋

大井川鐵道 田野口~下泉にて

過去最速ペースで桜の開花が早かった今シーズン、3月20日を過ぎると開花の便りが届き始めた。
勤務明けに好天が重なったこの日、午後から362号を経由して川根路へ足を運んだ。
土本・川根小山と井川線の名所を巡り、狙っていたカットが撮れ一安心。
普段なら川根大橋を左折して362号経由で帰るところ、この日は本線の開花状況を見るために直進してみた。
千頭駅では発車待ちをしているズームカーの姿が、春分も過ぎたこの時期ならどこかで撮れるかもしれない。
崎平・青部と通り過ぎて、夕方日が当たりそうな中徳橋までやって来た。
14列車の田野口駅発車は17:10、日没間際の妖艶な光線が期待出来そう。
普段は水量の少ない大井川も、前日の大雨で川岸まで増水していた。
濁った水面も低い光線に照らされると目立たなくなり、背後の雲もアクセントにいい感じ。
17時のチャイムが鳴り、通過時刻が近付いてきた。
間もなく太陽が山影に沈もうかというタイミングで、タイフォンが聞こえてきた。
カメラを片付けていると線路は既に影の中、思わぬ帰り掛けの駄賃となった。
(EOS 5D Mark IV + EF70-200mm f/2.8L IS II USM)

ハスキー三脚オーバーホール


高校1年時に新宿のヨドバシカメラで購入後、メイン三脚として愛用しているハスキー3段。
2年前にパンロックの締め付けが緩くなり、日本での輸入代理店であるトヨ商事へオーバーホールを依頼した。
撮影地で一番多く見掛けるといっても過言ではないハスキー三脚、他の方の参考になればと思い雑記します。

2007年に貯金を切り崩して購入したハスキー3段、不調が出たのは2019年2月だった。
保証書記載の電話番号へ問い合わせてみると、宅急便で京都市中京区のトヨ商事へ現物を送ってもらえれば修理可能とのこと。
早速一言添えたメモ書きと共に、ベルボンのケースごと送付した。
__________

トヨ商事株式会社様へ

先日電話にてハスキー三脚の修理について問い合わせた者です。2007年に購入後長らく使用してきましたが、最近雲台のパンロックが上手く締まらない症状が出るようになりました。十年選手なので、一回オーバーホールをお願いできたらと思い三脚を送らせて頂きました。どうぞよろしくお願い致します。

__________
数日後に修理代金として2~3万円掛かりそうだという電話があり、代引きで支払う旨を伝えた。
1週間程で自宅に細長い荷物が届いた。

修理計¥44,000のうち、¥21,100はサービス分となり¥22,900の負担で済んだ。
各消耗部は新品に交換され、見違えるように綺麗になって返ってきた。

「ハスキーは一生モノだから」ヨドバシカメラの名物店員・森泰生さんに熱弁されて購入したのを思い出した。
少し不調を抱えているハスキーユーザーは、是非一度オーバーホールを依頼してみてほしい。