5月22日「吹田機関区公開」薄暮

「吹田機関区の機関車撮影会~吹田機関区所属名機そろい踏み!~」

吹田機関区にて

集合時間10分前になっても同業者の姿が見えない駅前ロータリー、何かがおかしい。
ふと手元の案内用紙を確認すると、「岸辺駅集合」の文字。
今自分がいるのは吹田駅前、これはやらかした。
即座に改札へ向かい次列車に乗車、岸辺駅到着は集合2分前。
17:00:30に受付、お待たせして申し訳ございません…
バスに乗車すると、もう一人来ていないとのこと。
しばらく待った上で発車、結果的に最後の参加者となった。

会場に着くと、部品販売も並行して行われていた。
EF66のホイッスルに惹かれるも、撮影会参加で既に家計は火の車。
後ろ髪を引かれつつ乗務員室見学へ、職員の方に記念写真をお願いした。
初めて座るELの運転台、見学時間は一瞬で過ぎ去った。

段々と暮れゆく中、本命の撮影タイムへ。
バルブにはまだ早い時間帯で写し方に悩むが、目の前の被写体に夢中でシャッターを切る。
残照を浴びて輝く27号機、普段とは違った角度から捉える表情も魅力的に見えた。

連日の超勤で疲労困憊、非番での参加となったため帰路の新幹線では深い眠りに。
翌月の給与明細、超勤手当は過去最高を記録した。
(EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/2.8L II USM)

10月28日「322M」黒姫山

「322M」・黒姫~古間・初代長野色

北しなの線 黒姫~古間にて

非番で帰宅後に仮眠、準備を済ませ中部横断道経由で長野へ向かった。
久し振りの長距離ドライブ、日本シリーズをラジオ観戦しながら進んだ。
全国旅行支援を利用し、この日は長野駅周辺で一泊した。

翌日、ホテルのカーテンを開けると青空が見えた。
前日に確認した運用では、初代長野色が妙高高原を往復する様子。
数年振りに黒姫山バックのお立ち台へ向かうことにした。

現地に着くと朝霧が立ち込め、山は姿を見せず。
さらに急な腹痛に襲われ、「道の駅しなの」へ駆け込んだ。
惨事を回避し落ち着いたところで戻ると、急速に霧が晴れてきた。
俄然やる気が入り、三脚を2本据えて構図を整える。
踏切が鳴るとカーブの先から115系が姿を見せた。
懐かしいモーター音を響かせて、黒姫山を背に走り去っていった。
(EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/2.8L II USM)

11月11日「ひだ12号」臥竜踏切

「ひだ12号」・飛騨一ノ宮~久々野・臥竜踏切

高山本線 飛騨一ノ宮~久々野にて

新形式投入に伴い、キハ85系「ひだ」にとって最後の紅葉となる今シーズン。
連日Twitterを覗いていると、沿線の紅葉はピークを迎えている様子。
友人から誘いを受け、一泊二日の撮影計画を立てた。

名古屋駅8:43発「ひだ3号」で高山へ、カミンズエンジンを堪能する。
駅前でレンタカーを借り出し、41号線を南下する。
途中、気になっていた高山ラーメン「高砂」へ立ち寄った。
シンプルながら旨味のある味わいで、再訪を誓うとても美味しいラーメンだった。
(個人的に、会津若松の「まこと食堂」に近いイメージ)

腹ごしらえを済ませ、撮影地へ向かう。
飛騨一ノ宮駅の岐阜方にある踏切付近から駅通過シーンを狙うこのポイント。
望遠レンズで圧縮すると、背景に跨線橋と紅葉した木々が写り込む。
到着後やってきた「ひだ10号」はHC85系、初の新型撮影となった。
線路沿いの坂道を右往左往して構図を調整、住民のおばあちゃんと談笑して過ごす。
写真は1時間後の「ひだ12号」を写したもの、立ち上るエグゾーストがカッコよかった。
(EOS 7D Mark II + EF300mm F2.8L IS II USM)

9月5日「EL急行」抜里茶畑

「EL急行」・抜里~家山

大井川鐵道 抜里~家山にて

休日の昼下がり、大井川沿いのライブカメラを眺めていた。
駿遠橋は雲が多めの晴れベース、運が良ければ日差しが期待できそう。
国1バイパスが混雑していたので、広幡ICから新東名を1区間課金。
久し振りの島田金谷IC経由、地蔵峠の拡幅工事が進んでいた。

広場の脇に車を停め、いつもの踏切に三脚を据えた。
到着後すぐに12列車が通過、元東急車の運用だった。
15:30過ぎ、笹間渡の鉄橋を渡るホイッスルが聞こえてきた。
背景の山肌に漂う影に怯えつつ、切り位置は全開露出で迎えることができた。
(EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/2.8L II USM)

8月28日「しらさぎ11号」田村の大豆畑

681系「しらさぎ11号」・田村~長浜

北陸本線 田村~長浜にて

朝9時頃に起床、何気なくGPVをチェックする。
西方面へ移動すれば、午後は晴れ間が期待できそうであった。
微妙な天気が続く8月、この日を逃すと晴れカットがしばらく望めない。
被写体を思案した結果、北陸線の「しらさぎ」が候補に挙がる。
関西在住の後輩に相談すると、田村付近は開けていると作例が送られてきた。
e5489で調べると、夕方の「しらさぎ11号」は9両編成で運転の様子。
米原駅の発車は16:56、この列車を今日の狙いに定めた。
Googleマップで当たりを付け、標準レンズだけの軽装で出掛けた。

乗換途中、名古屋駅の「きしめん」で腹ごしらえ。
2つ進んで米原駅で北陸線へ、さらに2つ進んで田村駅で下車。
琵琶湖から吹き抜ける風が涼しく、思ったより暑さを感じなかった。
予想通り綺麗な青空が広がり、立ち位置を変えつつ往来する列車を写す。
段々と傾く光線、本命の列車に向けて構図を整える。
17時を回ったところで踏切が鳴る、夕日を浴びた681系が近付いてきた。
(EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/2.8L II USM)

3月3日「こだま724号」高梁川橋梁

100系「こだま」・新倉敷~岡山

山陽新幹線 新倉敷~岡山にて

「サンライズ出雲」を倉敷駅で下車、タクシーで高梁川の袂に向かった。
事前に調べた情報によると、カーブミラーが登り口の目印らしい。
右往左往して探し当て、竹林の間を抜けると撮影地に辿り着いた。
足場は日陰で寒さがあったが、高梁川橋梁には朝日が当たり始めていた。
手早く露出を決め構図を整える、もうすぐ100系が新倉敷駅を発車する時間である。
前走りの「のぞみ」で編成長を確認し、シャッターを切る位置を決める。
対岸から2灯の特徴的なライトが光った、白色の車体が見えテンションが上がる。
手前まで引き付けて狙いの位置でシュート、朝日を浴びた100系は神々しい美しさだった。
(EOS 30D + EF50mm F1.4 USM)

9月3日「回9840レ」笹川流れ

「回9840レ」・越後寒川~今川・EF81‐136・旧客

羽越本線 越後寒川~今川にて

男鹿線での撮影を済ませ、遠征のメインイベントへと転戦した。
朝は晴れ間が広がっていた秋田県であるが、次第に雲が広がり不穏な様子。
一発目は曇り空の下、適当な踏切で見送った。

このままでは帰路が長距離苦行ドライブとなってしまう、祈るような気持ちで車を走らせた。
途中停車時間のある回送列車を追い抜き、山形県をほぼノンストップで走り抜けた。
願いが通じたのか新潟県に入ると青空が復活、笹川流れのお立ち台を目指した。
崖をよじ登った先には多くの撮影者、辛うじて木々の間から三脚を据えることができた。
足場的にファインダーを覗くことができないので、構図を決めレリーズを握り待機する。
しばらくの待ち時間の後、接近の報が流れると周囲が緊張に包まれる。
手前の道路に並走する車は無し、絶好のタイミングでカーブの先からEF81が姿を見せた。
(EOS 5D Mark IV + EF70-200mm f/2.8L IS II USM)

12月16日「5179レ」阿武隈川

「5179レ」・白河~久田野・阿武隈川・ED75‐1028

東北本線 白河~久田野にて

この日は583系「リバイバルひばり」が設定され、沿線は賑わっていた。
後輩父上が運転する車に便乗させてもらい、運良く参戦。
撮影データを見返すと、本命の583系は見事に曇ってしまったらしい。

直流機に見慣れた自分にとって、黒磯以北は非日常の空間。
小柄ながらも大型パンタグラフを装備した交流機は魅惑の存在であった。
この日の5179レは側面のレタリングが印象的な1028号機が牽引。
鬼籍に入ってしまった被写体、青空に赤色が映えるお気に入りの一枚。
(EOS 30D + EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM)

5月28日「5086レ」由比S字カーブ

「5086レ」・興津~由比・EF65‐2139

東海道本線 興津~由比にて

3:50起床、東の空には綺麗なグラデーションが広がっていた。
正直二度寝をしようと考えていたが、この空模様では眠ることができない。
疲労蓄積の身体に鞭打って、今シーズン二度目の由比S字カーブへ行くことにした。

先週訪問時はまさかの大遅延、早朝徒労ドライブとなってしまった。
出発前にTwitterをチェック、今のところ大きな遅れは無い様子。
到着すると先客が5名程、皆考えることは同じらしい。
前方に構えさせていただき、作例を参考に構図を整える。
サンライズは若干時期が早かったのか露出が上がらず、相変わらずの高難易度。
前走りの66レで慎重にピントを調整し、天地の比率を調整する。
洞トンネルを抜けた2灯のライト、本命の5086レが近付いてきた。
色褪せた塗装が特徴の2139号機、末永く走り続けてほしい。
(EOS 7D Mark II + EF70-200mm f/2.8L IS II USM)

5月3日「EL急行」第二橋梁

「EL急行」・青部~崎平・大井川第二橋梁

大井川鐵道 青部~崎平にて

綺麗な青空が広がったこの日、必要な作業を放棄して撮影に出掛けた。
新緑が眩しい絶好の撮影日和、シャッターを押さないと具合が悪くなってしまう。
カメラバックに機材を詰め込み、362号を北上した。
祝日のため交通量の増えた酷道、各所で対向車待ちを行う。
富士城を越えた先にあるトンネル工事、終わりが見えないのか工事期間が延びていた。

定番の第二橋梁、久し振りに長靴を履いて河原に下りてみた。
レンズを変えながら構図を思案、背景の雲が良さげなので広角を選択。
上りの10列車が通過して、しばらくすると遠くで汽笛が響いた。
新緑に映える西武カラー、すっかり季節は夏光線となっていた。
(EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/2.8L II USM)