ハスキー三脚オーバーホール


高校1年時に新宿のヨドバシカメラで購入後、メイン三脚として愛用しているハスキー3段。
2年前にパンロックの締め付けが緩くなり、日本での輸入代理店であるトヨ商事へオーバーホールを依頼した。
撮影地で一番多く見掛けるといっても過言ではないハスキー三脚、他の方の参考になればと思い雑記する。

2007年に貯金を切り崩して購入したハスキー3段、不調が出たのは2019年2月だった。
保証書記載の電話番号へ問い合わせてみると、宅急便で京都市中京区のトヨ商事へ現物を送ってもらえれば修理可能とのこと。
早速一言添えたメモ書きと共に、ベルボンのケースごと送付した。
__________

トヨ商事株式会社様へ

先日電話にてハスキー三脚の修理について問い合わせた者です。2007年に購入後長らく使用してきましたが、最近雲台のパンロックが上手く締まらない症状が出るようになりました。十年選手なので、一回オーバーホールをお願いできたらと思い三脚を送らせて頂きました。どうぞよろしくお願い致します。

__________
数日後に修理代金として2~3万円掛かりそうだという電話があり、代引きで支払う旨を伝えた。
1週間程で自宅に細長い荷物が届いた。

修理計¥44,000のうち、¥21,100はサービス分となり¥22,900の負担で済んだ。
各消耗部は新品に交換され、見違えるように綺麗になって返ってきた。

「ハスキーは一生モノだから」ヨドバシカメラの名物店員・森泰生さんに熱弁されて購入したのを思い出した。
少し不調を抱えているハスキーユーザーは、是非一度オーバーホールを依頼してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください