EOS 5D Mark IVのメカ機構部に焼け

2017年11月からメイン機として使用しているEOS 5D Mark IV。
あまり聞いたことのない症状が出たので、他の方の参考になればと思い雑記する。

ボディキャップを開けた際に、ミラー部右上・シャッター幕部に油分が滲み出たような汚れを見付けたのは2020年11月だった。
幸いセンサー部には異常が無く、写りには影響が出なかったものの気になる汚れ。

自宅近所にあるカメラのキタムラで、アルコールを含ませた綿棒で擦ってもらうも除去できず。
「レンズ交換時にたまたま付着したのでは?」という意見だったが、納得できず。
このまま放置するのも気が引けたため、キヤノンに電話で問い合わせしてみることに。
コロナの影響で、修理受付も事前の電話予約が必要らしい。
品川にある「キヤノンプラザS」に電話するも、年末年始の繁忙期のため1ヶ月先まで埋まっているとのこと。
銀座のサービスセンターも同様に混雑しており、統廃合が進み横浜・新宿の窓口が閉鎖されたのが痛い。

持ち込み修理を諦め、初めて引取修理サービス(¥2,750)を利用することに。
自宅に届いた大きめの段ボールにセルフ梱包し、ヤマト運輸に集配を依頼。
4日後に、キヤノン大分修理センターから金額超過についてのメールが届く。
(以下メール文面まま)
__________

【ご指摘内容】
(1)レンズ交換時に付着したのか原因は分かりませんが、ミラー部右上・シャッター幕部に油分のような汚れが付着してしまいました。
現状、写りには影響ありませんが、このまま放置するのも気になると思い点検を依頼しました。

【確認内容】
(1)メカ機構部に焼けがあり、それによりご指摘の現象が発生していることを確認致しました。
関連部品【シャッターユニット、ミラーボックスユニット】の交換にてご案内申し上げます。

なお、今回交換を予定しております箇所(ミラーボックスユニット)については、製品の各精度への影響が大きいため、
部品交換と合わせ、各種精度の再点検、調整を実施する「あんしんメンテ オーバーホール」にてご案内申し上げます。
当初、あんしんメンテプレミアムにてご依頼をいただきましたがあんしんメンテオーバーホールに切り替えてのご案内とさせていただきます。

【ご指摘外の現象】
(2)メインダイヤルが時々効かないことを確認致しました。
関連部品【ダイヤルユニット】交換にてご案内致します。

お見積り金額は以下の通りです。
お見積り金額:¥59,664 (税込)

__________

メカ機構部に焼けとは…?
構造には詳しくないのでなんとも言えないが、3年程の使用でここまで大きな事象になってしまうことに驚いた。
使用頻度もそこまで高くなく、前回点検時にはサービスセンタースタッフから「もっと使って下さいね」と言われた機体。
丁寧に使用している自負はあったので、今回の診断内容は意外であった。
5DIVを当分使い続ける予定なので、修理継続をお願いしたが痛い出費となってしまった。
他の方で同じような現象が出た場合、状況によっては買い替えなども検討すると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください