3月14日「富士・はやぶさ」ラストラン

東海道本線 根府川~早川にて

小学生の頃、朝早く出掛けブルトレを眺めるのが好きだった。
早朝の「銀河」に始まり「出雲」「サンライズ瀬戸・出雲」と続き「あさかぜ」がやって来る。
しばらく空いて単独の「富士」が登場、トリの「さくら・はやぶさ」は昼前の到着だった。
既に統廃合が進んだダイヤであったものの、鉄道趣味の原点となる光景だった。
TOMIXのカタログを眺めつつ、まだ見ぬ土地への旅情をかき立てられたファンも多いと思う。

「社会人になったらブルトレに乗って旅行を…」と思いつつも、残念ながら2009年3月14日をもって東海道のブルトレは終焉を迎えた。
幼少期見た絵本では、米神のカーブをゆく「あさかぜ」が印象的だった。
最期はこのカーブでと決めて、前日から三脚を据えた。
涙雨降る中、シャッターを切る手は震えていた。
後方からは185系の姿が、恐らく根ノ上踏切は悲惨だっただろう。
「踊り子」とすれ違い遠ざかっていく「富士・はやぶさ」の姿はどこか悲しそうに見えた。

ベテランの方々は口を揃えて「ブルトレは楽しかったぞ」と懐かしそうに語ってくれる。
SAP車は触れた程度、ほとんど電気ブレーキ世代の自分にとってELは憧れの存在である。
もしもタイムスリップできるなら、ブルトレの先頭に立ってハンドルを握ってみたかった。
(EOS 30D + EF70-200mm F2.8L USM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください