6月18日「485系ひばり」馬牛沼

東北本線 白石~越河にて

2016年にJR東日本・仙台支社が企画した485系引退に伴うラストランイベント。
国鉄色を纏う485系最後の勇姿を収めるべく前日から福島入りした。
前夜は同業他社へ就職した同期と福島駅で合流、翌朝に備え先にレンタカーだけピックアップした。
福島は円盤餃子が有名らしく、同期おすすめの店にて初めて実食。
宇都宮や浜松の餃子と違い、表面がパリッと焼けた揚餃子に近い印象だった。

翌朝は期待通りの好天、ハンドルを握る手にも力が入る。
有名撮影地の1つ、馬牛沼と呼ばれるお立ち台には早朝から多くのカメラマンが集結していた。
手持ちのレンズで収まりが良さそうな立ち位置に三脚を据え、通過時刻まで待機する。
いわゆる「激パ」と呼ばれる大集結、久し振りに味わう空気感だった。
上段の俯瞰も含めると何人いたのだろうか、最終的には300人程集まったのではないだろうか。
定刻より少し遅れて、森の向こう側からタイフォンが聞こえてきた。
動画の録画ボタンが押され、周囲に静寂が訪れる。
カーブの先から3灯のライトが見えると緊張は最高潮、嵐のようなシャッター音が響き渡る。
遠のくMT54のモーター音、通過後拍手が巻き起こった。
(EOS 7D Mark II + EF50mm F1.4 USM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください