長坂カーブ「あずさ」E257系

中央本線 小淵沢~長坂にて

青春18きっぷの消化を兼ねて、この日は中央線を甲府方面へ向かっていた。
115系のボックスシートに後輩と2人、趣味話に花を咲かせながら長坂駅で下車。
駅から15分程歩くと、有名撮影地「長坂のカーブ」に到着した。
コンクリート工場横の法面に位置するこの場所は、八ヶ岳をバックにカーブを描く列車を捉えることができる。
特に何か珍しい列車が通る日ではなかったため、2人でのんびりと撮影していた記憶がある。
吹き付ける風が冷たく、途中近くのセブンイレブンで買った肉まんが美味しかったのを覚えている。

鉄道ファンから「武田菱」の愛称で親しまれたこの塗装、先日ついに消滅してしまったらしい。
カラフルな塗装が景色に映え、中央東線のシンボル的存在であったと思う。
(New EOS Kiss + EF55-200mm F4.5-5.6 II USM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください