9月9日「木曽あずさ号」

中央本線 日出塩~贄川にて

晴れ予報が出た9月初旬の休日、後輩と共に未明の中央道を下った。
早朝は大糸線内でムーンライト信州の回送を仕留め、追っ掛けて篠ノ井線内でも無事撮影した。
この日は南木曽まで183系が乗り入れる臨時列車が設定されており、JR東海管内をゆく姿を撮影すべく中央西線へ転戦した。
9月に入り暑さも一段落したので、この日はクリアな視界が広がっていた。
国道19号から旧道へ分け入った撮影地で三脚を据える。
中央西線は上り列車に対して撮影地が点在するためか、この場所は5人程で平和に撮影することが出来た。
トンネルを抜ける列車が見え、切り位置でレリーズオン。
グレードアップあずさ色・M52編成のモーター音が、緑深い木曽路にこだました。
(EOS 5D Mark II + EF300mm f/2.8L IS II USM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください