3月26日「206列車」川根小山の一本桜

井川線 川根小山駅にて

3月下旬の休日、桜の開花と好天が重なるとなれば撮影に出掛けざるを得ない。
早朝はカナキクで5087レを狙うも、薄雲が噛み微妙な結果に。
本命の大井川沿線へ転戦、午前中は大和田付近で桜並木をバックにカットを稼ぐ。
ここで出会った方は百戦錬磨の大ベテラン、話題豊富で非常に楽しいお話を伺うことができた。
昼過ぎは閑蔵で204列車を仕留め、家山界隈に戻りヘッドマーク付きのEL急行を狙う。
家山発車を狙うポイントで待ち構えるも、EL急行は前灯不点で消化不良。
こうなると夕方の206列車は納得行くカットを抑えたい。
4日前に訪問した川根小山駅、ここでは見事な一本桜が人知れず咲き誇っていた。
16時過ぎにやって来る206列車、1年前の同日にも当地を訪れている。
前面に日が当たるのはほんの一瞬、低速の井川線であるがシャッターチャンスはかなりシビア。
線路に山影が迫り、通過時刻が近付いてくる。
遠くに井川線独特の車輪が軋む音が聞こえてくると、構内踏切が鳴り始めた。
妖艶な夕日に照らされて、山間の無人駅で「さくら」が浮かび上がった。
(EOS 5D Mark IV + EF70-200mm f/2.8L IS II USM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください