2月13日「2092レ」浜川崎

東海道貨物線 川崎新町~浜川崎にて

高校生の頃、自宅から近かったのでよく通った渡田踏切。
何も調べずに現地へ行っても様々な機関車を撮影することができる、飽きない場所だった。
特に11時頃やって来る2092レは当時、高崎機関区のEF65を順光で撮影できる魅力的なスジだった。

この日は大型のパンタグラフが特徴的なEF65-1054、切り抜きのブロックナンバーがカッコイイ。
小田栄新駅が開業してから未訪の川崎界隈、またカメラ片手に訪れたい。
(EOS 30D + EF70-200mm F2.8L USM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください