11月29日「きかんしゃトーマス」

大井川鐵道 川根温泉笹間渡~抜里にて

非番で晴天だったこの日、せっかく静岡に住み始めたのだからと大井川へ出掛けた。
「酷道362号」とも揶揄される国道は急勾配・狭隘・ヘアピンカーブが続くが、静岡市中心部から1時間程で千頭へ抜けることが出来る。
「かわね路1号」を青部付近で撮影後、抜里付近まで山を下りてきた。
抜里駅には白に黒が混ざった毛並みの猫が居着いており、人懐っこい子で車の中まで遊びに来たりする。
駅北側に広がる茶畑からは、直線をゆく午後の上り列車をお手軽に撮影出来る。
普段あまり撮る機会のない「きかんしゃトーマス」だが、年内最終日ということで狙ってみることにした。
独特のオレンジ客車を従えて、顔付きの蒸気機関車が駆ける姿はとても新鮮に見えた。

2021年はコロナ禍のため、SL列車の運休が続いている。
島田金谷IC付近には「門出」新駅も開業し、昨年被害を受けた箇所の護岸工事も進む大井川鐵道。
満員御礼となり多くの家族連れで賑わう光景が、早く戻ってきてほしいと心から願う。
(EOS 7D Mark II + EF24-70mm f/2.8L II USM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください